Yokohama Homes Collectopn

column

住宅購入で消費税増税後に適用される対策とは

いつ買うべき?

消費税増税が実施される前に住宅を購入しようと考えている人も多いのではないでしょうか。
住宅の購入は高額であるため、慎重になりますが様々な影響も大きいです。
一般的に、購入のタイミングは、世の中の動きとライフプランの2つで、それが重なった時がベストだと言われています。
消費税増税後の世の中の動きは、どのように進んでいくのか予測がつかないでしょう。
おさえておくべきポイントの一つは、緩和措置です。
8パーセントから10パーセントになるのは2019年10月1日からですが、工期によって引き渡しや完成が10月を超えることがあります。
その場合、2019年3月31日までに請負契約を結んでおくと、8%が適用されます。
そのため、損をしないように税率がアップする前に契約をしようと考えている人が多いです。
しかし、増税後に10%になって住宅業界が一気に冷え込み、経済全体に大きなダメージを与えないよう、政府は2つの対策を用意しました。
2つの対策を知った上で、検討してみてはいかがでしょうか。

低金利だけで決めてはいけない

2つの対策を知ろう

政府が用意した対策の1つは、すまい給付金の増額です。
これは税率引き上げによる負担を緩和するための制度で、8%のときは年収510万円以下の人を対象に最大30万円の援助となり、10%になると年収650万円以下を対象に最大50万円の援助があります。
この制度は年収によって左右されることになりますが、775万円以下の人であれば消費税増税後の方が10〜20万円ほど給付額が上がるでしょう。
2つ目は住宅ローン減税の期間延長です。
2021年12月31日までに入居していることが条件で、ローンの約1パーセントが毎年の税金が安くなります。
これは10年間適用することができ、例えば、4000万円のローンだと毎年35万円ほど税金が安くなるということです。
10年間適用されると総額350万円安くなります。
しかし、延長期間がいつまでなのかはまだ決まっていないようです。
住宅の購入を検討している人は、増税前と増税後の制度を比較して、よく検討した上で決断してみてはいかがでしょうか。

総合的に比較する

page top