Yokohama Homes Collectopn

column

消費税増税に向けて、住宅購入の際に押さえておくポイントとは

消費税増税のポイント

消費税が増税になる前に住宅を購入しようと考えている人も多いのではないでしょうか。
2019年10月から消費税が10%に上がり、暮らしに影響がでるのではないかと誰もが心配になるものです。
特に、住宅などの高額な買い物には、どの時期に購入するのか悩むでしょう。
消費税増税に向けて抑えるべきポイントがあるため、知った上で購入の検討することが大切です。
ポイントの一つは、土地代には消費税がかからないことです。
このことを知らない人も意外に多いでしょう。
基本的には消費税の対象となるのは建物の部分です。
これは戸建てでもマンションでも同じ扱いとなります。
土地代に消費税の課税対象とならない理由は、消費するものではないからです。
2つ目のポイントは、2019年3月31日までに契約していれば、引き渡しの時期がいつであっても増税にならないことが挙げられます。
3月31日以降に契約したものであれば、2019年9月30日までに引き渡しが完了すると増税にはなりません。

消費税増税のポイント

増税による2つの影響

消費税増税後に家を建てると、売買価格と仲介手数料の2つに影響を与えます。
まず、売買価格の影響について知っておきましょう。
例えば、3000万円の建物を購入するとき、増税前であれば3240万円ですが、増税後は3300万円となります。
タイミングが少しずれるだけで60万円も差が出てしまうのです。
価格が高いほどその影響も大きなものとなります。
また、新築住宅のみが増税の対象となるとも言われていますが、それは課税事業者の場合だけです。
中古住宅は対象外だと勘違いしている人もいますが、課税業者が持っているものであれば課税の扱いになるため注意してください。
一般的に仲介手数料は売買価格に3%をかけたものと、6万円に消費税をかけたものを足した額が仲介手数料ですが、こちらも増税の対象になります。
例えば、5000万円の住宅を買う際、増税前であれば168.48万円ですが、増税後は171.6万円となり、約3万円値上がりになります。
このように、売買価格や仲介手数料は増税後になると数十万円の差が生じるため、増税前と増税後の計算をした上で買う時期を決定しましょう。

増税による2つの影響

page top