Yokohama Homes Collectopn

column

住宅ローン金利の店頭金利と適用金利の違いを知ろう

住宅ローン金利の店頭金利と適用金利の違いを知ろう

住宅ローン金利を利用する場合、似て非なる店頭金利と適用金利の違いについてまず知らないといけません。
店頭金利は金融機関それぞれが設定している住宅ローンを基準とする金利です。
毎月店頭表示金利は変わっていき、融資が実行されたときの金利となります。
適用金利は、適用金利または表示金利と呼ばれ、最大限に金利を割引したときに適用される低い金利です。
注意点は金利の条件内容を確認しないと、悪い条件の場合の金利や表示通りの金利ではなくなるかもしれないことです。
住宅ローンに申し込んだ人でも適用金利で借りられない人もおり、優遇金利の引き下げによって異なります。
そして、借り入れを開始したときに他社の金利の方が安い場合もあります。
住宅ローンは店頭金利から割引されて適用金利を適用するのが一般的となっているものの、店頭金利も確認して返済額を試算しないといけません。

店頭金利と適用金利の違いについて

審査によって条件のよい優遇を受けられる

金利引き下げ幅は利用者の状況によって異なり、返済能力が高いと審査で判断されれば条件のよい優遇を受けられます。
住宅ローンの条件は利用者すべてで同じというわけではありません。
安定した継続収入が見込まれると評価が高くなる傾向にあります。
さらに、担保物件価値が高いと判断されても優遇を受けやすいです。
住宅ローンの金利は表示されている適用金利だけで判断するのは危険です。
自分の場合で提示される条件を把握したうえでの対応が必要となります。
住宅ローン金利を利用するときに店頭金利か適用金利で迷われる方も少なくありません。
いちがいにどちらが優れているかではなく、それぞれの違いを理解して間違った金利比較を避けるのがよいでしょう。
ライフプランや返済額の安定度など、何を重視するかによって決めるのもおすすめの方法です。
返済額の安定や貯蓄に不安がある方は適用金利を選択した方がよいでしょう。

審査によって条件のよい優遇を受けられる

page top