Yokohama Homes Collectopn

column

住宅ローン金利で差が出る新築の購入金額とは

住宅ローン金利の種類について

住宅を購入する場合に多くの方は一括での支払いでは難しく、住宅ローン金利を利用することになります。
一口に住宅ローン金利といってもそれぞれの種類と特徴をまず把握しないといけません。
全期間固定金利型は借入時から返済終了まで金利が変わらず、返済計画を立てやすい種類となります。
しかし、金利が下がった場合も返済金額は変わりません。
変動金利型は借入時から5年間は返済金額が変わらず、その後半年ごとに金利が見直されるのが特徴です。
固定金利選択型は一定期間の金利が固定され、固定期間が終了したら変動金利となります。
住宅ローン金利はどの種類を選択しても一長一短あります。
ライフプランをかんがみたうえで選択するのが重要です。
特に住宅の購入金額が3000万円以上であるのなら住宅ローン金利の種類の選択で大きな金額差があります。
金利の上下に大きく左右される変動金利型や固定金利選択型は十分な貯蓄ができなければ、住宅の売却や住宅ローンの借り換えをしようと思ったときに担保割れを起こす可能性もないわけではありません。
担保割れをしていないと借りられる住宅ローンの選択肢は増えていき、有利なローンへの借り換えも視野に入れることができます。

住宅ローン金利の種類について

どれだけの頭金を用意できるか

頭金が多ければ多いほど有利な条件での借り入れが可能です。
総支払額が少なくなるとともに、金利の引き下げ幅が大きくなります。
将来の売却や借り換えをすることも視野に入れている場合は、特に頭金があるかどうかの違いは大きくなります。
頭金の割合が多ければ先々の負担は少なくなるものです。
自己資金がなくとも住宅の購入自体は可能であるものの、返済しきれない選択はすべきではありません。
自分に合った住宅ローンを選択するのはもちろん、頭金の有無も考慮して決めるべきです。
金利や返済方法を組み合わせると多岐にわたる選択肢があるため、先々のことまで視野に入れて決めていきましょう。

どれだけの頭金を用意できるか

page top