Yokohama Homes Collectopn

column

消費税増税による住宅購入への影響を知っておこう

2019年から始まる消費税増税

住宅購入を検討している人は、消費税増税の影響が気になるのではないでしょうか。
2019年10月1日から消費税増税が開始され、8パーセントから10パーセントに引き上げられます。
しかし、住宅の引き渡しが2019年9月30日までに完了していれば、消費税は8パーセントのままであるため、消費税増税の影響を受けることはありません。
10月1日以降であれば、消費税が10パーセントになります。
また、注文住宅の場合は請負契約が2019年3月31日までに完了していると消費税は8パーセントです。
請負契約というのは、工事請負契約のことで、工事完了や支払いについて建築主と工事請負業者間で行われる契約になります。
引き渡し時期は関係ありません。
このように消費税増税の影響を受けるかどうかは、引き渡し時期や請負契約のタイミングで異なるため、できるだけ消費税増税の影響を受けないようにしましょう。

2019年から始まる消費税増税

消費税増税による影響は2つポイントがある

消費税増税によって影響するポイントは2つあります。
一つは、売買価格です。
住宅購入時に消費税が課税されるのは建物にかかる価格で、土地部分には消費税は課税の対象とはなりません。
その理由は、土地は消費するものではないからです。
これは、一戸建て住宅もマンションも同じです。
二つ目は仲介手数料です。
住宅購入時は業者に対して仲介手数料を支払わなければなりません。
消費税増税の影響を受けると、数十万円もの価格差が生じます。
そのため、住宅購入者にとっては大きな負担になるイメージを持ってしまうでしょう。
そこで、政府は一定の要件を満たせば、所得税や住民税が控除できる制度を設けました。
例えば、住宅が完成してから半年以内に入居すると、入居した年から10年間に渡ってローン残高の1パーセント相当額が所得税から控除されるなどです。
最大で400万円もの控除が受けられるため、消費税増税の負担が大幅に軽減されるでしょう。
また、消費税増税前後だけで比較すると消費税増税前の方が有利です。
しかし、需要が増えると消費税増税後の反動が大きくなる可能性も考えられます。
住宅購入を検討している人は、消費税増税による影響や控除について知識を身につけておくことが大切です。

消費税増税による影響は2つポイントがある

page top