Yokohama Homes Collectopn

column

住宅ローン金利を決めるときの見極め方

住宅ローン金利の見極め方について

住宅ローン金利のタイプはさまざまです。
単純に金利が低い住宅ローン金利であればお得と考える人もいるものの、返済中に金利や返済額が上がる可能性まで考えないといけません。
変動型や固定期間選択型は低金利がセールスポイントではあるものの、返済中に金利が変わるのが特徴です。
その一方で、全期間固定型の場合は金利が高めではあるものの、返済終了まで金利は固定されます。
どちらを選択するにしても一長一短あるため、見極め方を知るのが肝心です。
変動金利は金利の見直しが半年に1回あり、返済額の見直しは5年ごとです。
そして、金利が上昇すれば元金返済と利息返済の割合が変わり、返済額がすべて利息額になることも考えられます。
変動金利で問題となるのは金利が上がり始めたときです。
固定金利に借換える、あるいは10年固定などに切替えるといった選択も視野に入れるのがよいでしょう。
変動金利を選択し続けるのなら、返済額がアップしても支障がなく、短期で返済しきれる見込みや貯蓄があるなどしないと、返済負担率が高くなりすぎるものです。

住宅ローン金利の見極め方について

全期間固定型の選択と将来のプラン

全期間固定型を選択する場合は、今後の収入の上がる見込みについて考えないといけません。
そして、支出が増える時期と減る時期についての把握も肝心となります。
固定期間が終了したときに金利や返済額が上がる場合もあるため、備えられるかどうかの判断も必要です。
3年以内の短期間の固定期間であると金利上昇リスクが高くなり、5年以上の長期を選択した場合はその後の家計のことを頭に入れておいた方がよいでしょう。
また、15年以上の場合、金利は1%後半から2%後半となります。
ほかの条件も比較して選択するのが望ましいです。
住宅ローン金利を決めるときの見極め方のコツとしては、先々のことを予想することにあります。
目先の損得だけに目を奪われることなく、長期的な視点でどの選択がよいかを考えましょう。

全期間固定型の選択と将来のプラン

page top