Yokohama Homes Collectopn

column

実用性を考えた家づくりにおける玄関について

玄関の実用性とは

玄関は、家の顔となる場所になります。
見た目やデザイン性にこだわりたいスペースですが、実用性を考えることも大切です。
家に入る一番初めの場所になるため、実用性よりも見た目やデザインを重視しがちですが、実用性を兼ねそろえた玄関は、過ごしやすさに差が生まれます。
あとから後悔のないよう、実用性のある玄関を考えましょう。
実際に実用性を考えるうえでは、現在の家の玄関を比較対象にしていくことが重要です。
どんな役割を持っているのか、考えてみるとわかりやすくなるでしょう。
今の玄関を考えてみて、狭いと感じるのであれば、もっと広くすると実用性が高くなります。
また、広さはあるのに、狭く感じるようなときには、荷物を収納できるスペースを検討すると良いでしょう。

玄関の実用性とは

収納を考えて実用性のある玄関にする

玄関は、外と家を仕切る役割を持っています。
外で必要なものでも、家では不用になるものあるでしょう。
例えば靴や、傘などです。
また、小さなお子さんがいる家庭ではベビーカーや外遊びのおもちゃなどもあるでしょう。
靴以外の物をプラスで収納できると生活が便利になり、家での不用品を収納できるスペースを作ることで、実用性のある玄関になります。
玄関に収納を設ける方法としては、収納家具を玄関に設置するか、玄関の近くに別場所の収納スペースを確保することが考えられます。
収納家具を設置すると、玄関自体のスペースは狭くなりますが、外出直前に必要な物を準備することができるでしょう。
別場所に収納スペースを設ける場合は、ある程度の広さが必要になりますが、物をとりあえず置く退避場所に使えることや、人に見せる部分ではないので、ローコストでつくることも可能です。
家の広さや生活スタイルに合わせて、どちらの収納が良いのか検討しましょう。
また、玄関に小窓やスリット窓を設けると、外出する前に外の天気や気候が分かるため、外出準備がしやすくなります。

収納を考えて実用性のある玄関にする

page top