Yokohama Homes Collectopn

column

湿気対策が施されている家の魅力

湿気対策で住みやすい家づくり

梅雨の時期になると、湿気に悩む人も多いのではないでしょうか。
これから家を建てる人は、湿気対策が施された家づくりをすると住みやすいです。
住みやすさだけではなく、家の劣化を防ぐためにも湿気対策は重要なポイントになります。
近年は、梅雨明けしてもゲリラ豪雨など気候が不安定であり、降雨量も多く家にも湿気によるカビが繁殖しやすいです。
そのため、湿気の原因や発生しやすい場所、家づくりでの湿気を防ぐ工法や建材などに考慮して家づくりをしなければなりません。
湿気が発生する原因は様々ですが、日本の特徴である高温多湿や室内外の温度差で結露がしやすいなど、自然環境も大きな理由の一つです。
高気密、高断熱の家が多くなり発生する水分が湿気となり、家の中にとどまりやすくなります。
温度差が生じるような間仕切りは設けず、家全体で風通しができるような間取りを考えてみてください。

湿気対策で住みやすい家づくり

湿気を吸収する素材で湿気対策をしよう

湿気が発生しやすい場所は、浴室、洗面所、押入れやクローゼット、キッチン、エアコン付近です。
湿気を放置すると結露が生じ、カビが発生します。
さらにカビを餌にするダニの発生、繁殖に繋がるのです。
カビの他には、木を腐らせる木材腐朽菌が発生し、家を支える構造材を腐らせ、危険な状態になってしまうでしょう。
湿気対策の一つは、通気性を良くして結露が発生しにくい間取りを考えることですが、工法にもポイントがあります。
高温多湿の日本に適した工法は、木造在来工法です。
湿気を取り込み、乾燥する時期に溜め込んだ湿気をはき出してくれます。
湿度の調節を自然にしてくれる木造在来工法で、家づくりをしてみてはいかがでしょうか。
また、押入れやクローゼットなど湿気のこもりやすい場所には、吸湿性のある桐材をはると良いでしょう。
このように、素材そのものが湿気を吸収する木材、土壁、和紙、畳みなどの自然素材の内装材を選び、湿気対策をすることが重要です。
建物そのものの湿気対策も重要ですが、床下の基礎部分は湿気の発生源であるため、床下換気をするなど、乾燥状態を保つように工夫してください。

湿気を吸収する素材で湿気対策をしよう

page top