Yokohama Homes Collectopn

column

家事の動線を意識した家

間取りを考える際は動線を意識しよう

家の間取りを決めるときは、動線を考えましょう。
生活動線を想定するのがポイントです。
生活動線とは、リビングやキッチン、トイレを行き来する際の動線のことをいいます。
生活動線が複雑な家は、良い動線とは言えません。
生活動線にも、家事動線、通勤動線、衛生動線、来客動線の4つがあります。
特に、家づくりの際に苦労する動線は家事動線です。
家事動線が考えられていると、効率的になり、家に住む人にとっても暮らしやすくなるでしょう。
次に、来客動線にこだわる人が多いです。
トイレの位置に苦労したという人も少なくありません。
次に通勤動線、衛生動線の順番で苦労したと感じる人が多く、それぞれの動線ポイントを知り、住みやすい家づくりをしましょう。

失敗しないキッチンにするために

4つの動線のポイント

家事動線のポイントは、家事の中で手間がかかる洗濯と料理です。
この2つに共通しているのは、家の出入りが必要ということでしょう。
洗濯した衣類を外に干し、料理に必要なものをキッチンに収納してキッチンから出たゴミを外に出さなければなりません。
そのため、家事動線は家の出入りと洗濯、料理の3つをリンクさせて考えます。
通勤動線のポイントは、朝の混雑を解消するために通路を広くすることです。
また、キッチンや洗面所、リビングを自由にまわれる回遊動線を想定しましょう。 衛生動線のポイントは、トイレの間取りです。
リビングの近くにトイレを設置すると、食事中や来客中に音が気になります。
トイレはどの部屋からでも行きやすい場所が良いですが、部屋から丸見えになると、落ち着きません。
洗面所とトイレを同じスペースに設置すると、洗面所を使いたい人とトイレを使いたい人が重なったとき、気まずい思いをしてしまうでしょう。
廊下に設置するのがベストですが、廊下がない場合は、玄関脇に設置するケースが多いです。
来客動線のポイントは、玄関からリビングに入るまでの間に、プライベートな物が見えないようにすることです。
洗面所や浴室、洗濯物などが見えないような動線を考えましょう。
4つの動線をスムーズにすることで、住みやすい間取りを決めることができます。

4つの動線のポイント

page top