Yokohama Homes Collectopn

column

暮らしにゆとりができる賃貸併用住宅のメリット

賃収入でローンの負担も軽減できる

住宅を購入する際に、賃貸併用を視野に入れている人は少ないのではないでしょうか。 賃貸併用はどういったメリットがあるのか知っておきましょう。
賃貸併用住宅とは、自宅の一部を賃貸として人に貸し出すことを目的に建てる住宅のことです。
現在の日本では、土地の価値が上がる可能性は低いとされており、所有しているだけで税金を納める義務があります。
しかし、賃貸併用の住宅にすることで家賃収入を得ることができます。
住宅を購入する人の多くはローンを組みますが、場合によっては世帯の支出の約4分の1がローンになってしまうケースも少なくありません。
賃貸併用の住宅にすることで家賃収入を、ローンの返済にあてることが可能です。
場合によっては、住宅ローン返済のすべてを家賃収入でまかなうこともできるのではないでしょうか。
ローンによる支出をまかなうことができれば、より豊かなライフスタイルを送ることができるでしょう。

賃収入でローンの負担も軽減できる

ライフスタイルに合わせて活用する

賃貸併用住宅にすることで、家賃収入が得られるというメリットがあります。
そのため、ローンを軽減させることができるのです。
しかし、賃貸併用のメリットは金銭的な部分だけではありません。
ライフスタイルに合わせた活用方法があるのです。
例えば、建てた段階で賃貸併用の住宅にしていたとしても、将来的に二世帯住宅にすることもできます。
また、二世帯住宅にする必要がない場合は、そのまま賃貸併用の住宅にしておくことも可能です。
そして、二世帯住宅として建てた住宅の場合も、将来的に賃貸併用にしても良いでしょう。
これはそれぞれのライフスタイルに合わせることができるのです。
中には大家族で生活をしており、広い家を建てるケースもあるのではないでしょうか。
そういった住宅を将来的に賃貸併用にすることもできます。
家族構成やライフスタイルによって、対応できるのが賃貸併用住宅のメリットでもあります。

ライフスタイルに合わせて活用する

page top