Yokohama Homes Collectopn

column

土地活用で賃貸アパートを建てるメリット・デメリット

土地活用で賃貸アパートを建設すると節税効果が

所有している土地を使っていないのであれば、土地活用を検討するといいでしょう。
土地活用の方法はいろいろとありますが、その中でも賃貸アパートを建設する方法もあります。
賃貸アパートを建設する土地活用にはメリットがいくつかあります。
その中で節税効果が期待できるのも、大きなメリットの一つです。
土地を持っていると、固定資産税を毎年納税する必要があります。
更地のままと比較すると、賃貸アパート建設することで大幅に減税できるメリットがあります。
土地活用で賃貸アパート建設するとなると、建設費がかなり掛かります。
それで思うような賃料収入がないとデメリットではないかと思う人もいるでしょう。
しかし、賃料収入から建物の減価償却費は経費として差し引けます。
このため、所得税の減税効果も期待できるのもメリットといえます。
相続税についても、賃貸アパート経営していると評価額が更地と比較して8割程度差し引かれます。
さらに建物についても評価減されます。
最大7割程度まで減少するので、子供たちに金銭的な負担をできるだけかけたくない人にも魅力的です。

土地活用で賃貸アパートを建設すると節税効果が

賃貸アパート建設すれば不労所得が手にできるのもメリット

賃貸アパート建設をして土地活用する場合、部屋を入居者に貸し出して毎月賃料収入が期待できます。
入居者さえ確保できれば、不労所得を手にできるのもメリットです。
つまり自分は働かなくても安定した収入が得られるので、老後資金という形で活用できるのも魅力でしょう。
ちなみに管理会社に管理のお願いをすれば、自分で何もしなくても家賃収入を手にできます。
少子高齢化が進んでいて、今後年金があてになるのかどうか心配といわれています。
毎月仕事をしていなくても賃料収入を手にできる、つまり年金代わりに土地活用を利用できるわけです。
老後の生活に不安を感じており、使っていない土地があれば賃貸アパート建設するのも十分価値があります。

賃貸アパート建設すれば不労所得が手にできるのもメリット

page top