Yokohama Homes Collectopn

column

「快適な家」のポイントを知っておこう

戸建て住宅の快適性とは何か

戸建て住宅の快適性とは何か

一戸建てもマンションも、それぞれに特有の利便性や快適さがあり、家族の事情や好みで選ぶ時代になっています。
しかし、「夢のマイホーム」の象徴である一戸建ての住宅は、「幸福感」という絶対的な付加価値によって、集合住宅もかなわない快適さを誇るものと言えるでしょう。
生活上の快適さは、人それぞれの感じ方によって違いがありますが、家を新築したり、購入する場合は、共通するポイントをおさえておくと失敗を防ぐことができます。
快適に住まうためには、一年を通じて室内の温湿度がベストに保たれること、視線や音などにおけるプライバシーの確保、防犯機能の充実など、「安全で健康に暮らせること」が第一条件となります。
室内環境は、エアコンや床暖房設備、浴室乾燥機などでコントロールできますが、日当たりや風通しの良い間取りであるかどうかも、健康で快適に暮らすことだけでなく、光熱費など家計の管理にも関わるので重要です。
家族の会話が外にもれないだけの気密性や、外からの視線が遮られる工夫などは、ストレスなくゆったり生活するためには外せない要素でしょう。
そして防犯面においては、不審者に狙われにくい家づくりのノウハウが活かされているかどうかで、安心の質に大きく差がつきます。

それぞれの「快適さ」の形を追求しよう

それぞれの「快適さ」の形を追求しよう

これらの機能が備わった家は、「便利さ」という尺度が加わることで、より快適な暮らしが期待できるようになります。
全自動給湯システムやビデオカメラ付きインターホン、オートロック機能などは、人の手が及ばないところや手間がかかる部分をフォローしてくれる、便利な機能です。
これらの機能に生活の手間を肩代わりしてもらうことで、時間を有効に使うことができるので、快適な生活がより豊かに充実することになります。
あとは、間取りや設備の使い勝手、生活動線、耐震性など細部についてチェックしていきましょう。
郊外の静かな環境にある戸建て住宅なら、のびのびとした暮らしができ、子育て世代にも多くのメリットがあるはずです。
ちなみに、住宅販売の営業担当者の中には、現地を案内する際に「快適ですよ」と紹介する人がいますが、何を快適と感じるかは人それぞれ。
住む人の目線でセールスできる営業マンは、真に必要な情報を惜しみなく提供し、満足のいく住まいとの出会いをサポートします。

page top