Yokohama Homes Collectopn

column

地震に備えた家づくり

住宅を地震対策

日本国内で地震がよく発生しています。
地震によって様々な被害が起きていますが、地震は自分で予測することができません。
安全な場所に逃げて自分の身を地震から守ることができても、家は地震が発生してから人の手では守りきれないため、地震に備えて住宅も耐久性のあるものを選ばなければなりません。
これから家を新しく購入しようと検討している人は、地震に強い家がどのようなものなのか知っておきましょう。
地震に強い家は構造が重要です。
地盤が弱く、液状化しやすい場所に建っている住宅は地震の揺れによって、住宅も大きく揺れてしまうため、壁の量を増やして耐力壁を多くするのがポイントになります。
建てたい場所の地盤を確認し、弱い場所や液状化しやすい場所である場合は、耐力壁を多くしましょう。
耐力壁は、住宅に作用する平面方向からの衝撃に抵抗させる必要があります。

地震対策のポイント

地震対策のポイント

宅の形も地震対策をする上で重要なポイントになります。
L型やコ型の平面をしている場合や、凸凹が多い住宅は地震によって揺れるとそれぞれの部分がバラバラに動くため、入隅部から破損しやすいです。
そのため、できるだけ複雑な平面形ではなく、単純で長方形の住宅にすると地震に強くなります。
12畳以上ある部屋が1階にある住宅も注意しましょう。
大きな部屋があると、柱や耐力壁の量が上階よりも少なくなるため、耐震性も低下します。
吹き抜けも耐震性が低下してしまうことも知っておきましょう。
柱は、位置がとても重要で、柱にかかる負担が均一になるような配置にします。
2階以上の住宅を建てたい場合は、隅柱などを通し柱や接合部を金物で補強し、耐力制を高めなければなりません。
金物で補強すると、地震が発生しても上部軸組が基礎の部分からずり落ちるのを防いでくれます。
住宅の屋根は、できるだけ軽いものを使用しましょう。
家自体の重量を軽量化することで、地震による衝撃を減らすことが可能です。
様々な地震対策がありますが、住宅も材質によっても異なるため慎重に構造を考えましょう。

設計次第でデメリットがメリットになる地下室

page top