Yokohama Homes Collectopn

column

木を使用した家のメリット

木の家のメリット

暮らしやすい家を建てたいと考えますが、その際には家の構造や工法について知る必要があります。
日本では、多くの人が木造住宅を選んでいます。
木造住宅のメリットやデメリットを知っておくと、家づくりは失敗しないでしょう。
木造住宅のメリットはたくさんあります。
例えば、建築費用が安いということや、長持ちするということ、湿気を吸収するなどのメリットや、木の香りが良い、落ち着く色であるなどの精神的メリットも挙げられます。
また、水は蒸発する前に木に染み込むため、湿気があっても木が湿気を吸収するため、家の中がジメジメしません。
木の性質に換気の力が加わると、部屋の隅がカビという心配もないでしょう。
湿度が高い方が冬場暖かく感じ、湿度が低ければ夏場は涼しく感じるため、木は日本の住む環境に非常に合います。


木の家のメリット

木の家のデメリットと対策

木の家はメリットだけではなく、デメリットに感じることもあります。
例えば、天然の木は割れる、ささくれることではないでしょうか。
割れたり、ささくれがあっても強度には影響しないため、人が触れる場所は角を丸めたり、パイン材など柔らかい種類を選ぶことでささくれがあっても問題ないでしょう。
ねじれや寸法の変化も、デメリットのひとつとして挙げられます。
木が湿気を吸収したり、吐いたりするため、体積や寸法が変化します。
しかし、それは天然の良さでもあるため、経年変化を楽しむことができるでしょう。
メンテナンスを行えば、デメリットに感じることはないはずです。
木は腐る、カビが発生しやすいというイメージがありますが、最近では24時間の換気が義務化されているため、心配する必要はないでしょう。
通電、換気システムが作動していれば問題ありません。
最後に、木の家は火事が起きやすいと思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、燃えやすいということはなく、木の家は燃えにくいと言われています。
そのため、火事のリスクはどの家であっても同じくらいだと言えます。


木の家のデメリットと対策

page top