Yokohama Homes Collectopn

column

子どものための家づくり

子どもが賢く育つ家とは

子どもの過ごしやすさを考え、新しく家を購入し、建てたいと考える人は多いのではないでしょうか。
賢い子どもに育てるためには、ポイントがあります。
賢い子どもが育つ家とは、子どもに勉強を教えることではなく、子どもの勉強が捗るように学習環境を整えることや、家族とのコミュニケーションがとれる機会を増やすことができる家のことです。
小学校低学年までの理想的な学習環境は、親子学習です。
この時期は、子どもの学習習慣を身につけさせ、単純記憶を行う大切な時期と言われています。
子どもの脳の発達に合わせて、最も適した時期に適した学習の仕方をする必要があり、親が面倒をみてあげながら、学習できるような環境を整えてあげることがポイントです。
ダイニングテーブル周りや、リビングの一角などに学習スペースを作ってあげましょう。


子どもが賢く育つ家とは<

コミュニケーションがとりやすい家

学習スペースを、家の中でしっかり確保してあげるだけではなく、温度にも工夫が必要です。
学習に最適な温度は、18度から20度と言われていますが、一般の家では、冬になると足元は15度前後になるため、床暖房などを使用し、足元から温める必要があります。
頭寒足熱の状態は、最も頭の働きやすい、最適温熱環境を実現できるでしょう。
学習スペースには床暖房などを使用し、足元から暖めてあげます。
子どものコミュニケーション能力は、多くの人と接することで育ちます。
親子のコミュニケーション機会を増やすために、家族が集まりやすいリビングダイニングを設計することが大切です。
また、子どもは大人の会話を真似しながら、言語や言い回しを覚えるため、人を招きやすい家をつくり、多くの人とコミュニケーションをとる機会を与えることも大切でしょう。
賢い子どもに育てるために、家を工夫してみてはいかがでしょうか。
住宅展示場では様々な家があり、比較することで、理想の家を手に入れることができるでしょう。


コミュニケーションがとりやすい家

page top