Yokohama Homes Collectopn

column

二世帯で家族が仲良く暮らせる家づくり

二世帯住宅のメリットとデメリット

二世帯住宅は、孫の面倒をみてもらうことができる、何かあったときに助けてもらえる、介護などメリットがあります。
金銭面においても、土地の有効活用や、贈与税対策の面で、親夫婦も子ども夫婦もメリットがあるでしょう。
しかし、デメリットもあります。
二世帯住宅のデメリットのひとつに、プライバシーの問題が挙げられます。
お互いの領域を自分の家と錯覚してしまうため、許可もなく相手の領域に入る、物を勝手に借りるなど、遠慮がない行動をしてしまい、トラブルの原因となってしまうケースがあります。
密着した生活を続けていると、距離感がわからず、ストレス感じる生活になってしまうでしょう。
一生の買い物中でも、最も高い買い物は住宅といわれています。
二世帯住宅を失敗しないためには、ポイントがあります。
ポイントをしっかり押さえ、親夫婦も子ども夫婦も、仲良く快適に暮らすことができる二世帯住宅を手に入れましょう。

二世帯住宅のメリットとデメリット<

二世帯住宅のポイント

二世帯住宅のポイントは、三つあります。
一つ目は、一階と二階で親夫婦と子供夫婦を分けることです。
今までの二世帯住宅は、身体の負担を考え、一階に親夫婦が住むスタイルが主流でしたが、最近では逆のパターンが増えてきています。
階段ではなく、エレベーターを設置し、階段の上り下りをなくします。
二階の部屋は、日当たりや風通しが良く、子どもの足音や深夜の帰宅の物音が気にならないため、気遣いのストレスを抱えることがなくなるでしょう。
二つ目は、水回りと、親世帯の寝室を離して設計することです。
親夫婦と子ども夫婦の生活時間が異なる場合、シャワーの音や、洗濯機の音が気になります。
洗濯や、シャワーの使用時間を制限されると、子ども夫婦にとってはストレスになるでしょう。
三つ目は、親世帯にもキッチンをつくることです。
お湯を沸かす、料理をする際に気を使わないためです。
お互いに尊重して、生活ができるような家にしましょう。

二世帯住宅のポイント

page top