Yokohama Homes Collectopn

column

モデルハウスでオプション仕様のマジックを見抜く方法

モデルハウスで見学する際にはオプションマジックに注意しよう

家探しをするにあたって、必ずといってよいほどモデルハウスに見学に行くと思います。 家というのは人生において最も高額な買い物だとされているので、失敗のないようにしなくてはなりません。 建売の際にも注文住宅の場合であってもモデルハウスが用意されていることもあり、実際に足を運ぶとあまりの素晴らしさに感動をし、即決したというケースも多いです。 ただし注意しなくてはモデルハウスにはオプションが設けられているというものです。 オプション仕様の住宅は実際に購入することになる家にプラスアルファされた状態となっているので、場合によってはあまり参考にならないこともあります。 魅力あふれる高級家具がすでに家の中に設置されていたり、オプションとなっている壁紙が使用されていたり、また生活に必要な網戸もオプション仕様となっているケースがあります。 他にもコンセント数が抑えられており、オプション代金を支払うことによってコンセントの数を追加できるということも実は珍しくないので、建売住宅を購入した後に当初思っていたものと違ったということもあり得ます。

モデルハウスで見学する際にはオプションマジックに注意しよう

モデルハウスで気を付けるべきマジックの見抜き方

通常仕様ではなくて、見学した家はオプション仕様だったということになれば勘違いしてしまい、参考にならないかもしれません。 それを避けるためにはこのマジックを見抜かなくてはいけません。 その方法には、通常仕様の家を見学させてもらうことも重要です。 もしオプション仕様しかない場合には、どの部分がオプションとなっているのかを確認しておきましょう。 通常仕様外のものを把握したうえで購入するかどうかの判断、そしてオプション仕様の導入を検討することをおすすめします。 見抜く方法のまとめですが、スタッフに確認しておく、そして場合によってはオプションとなっている部分にはそれを示す表示があるので確認してください。 聞くとしっかりと教えてもらえるので遠慮をする必要はありません。

モデルハウスで気を付けるべきマジックの見抜き方

page top