Yokohama Homes Collectopn

column

高齢者にとって住みやすい家を実現するには

将来を見据えた家選び

家族に高齢者がいる場合や、自分たちの老後を考えて家を選ぶ際は、若くて健康なときに住みやすいと感じる設計とは限りません。
高齢者になると身体が不自由になったり、障害をおったりする可能性があるため、高齢者でも自立した生活ができ住みやすい家を選ぶ必要があります。
また、家族構成が変化した際に間取りの変更や改修の費用を少なく済む家を選ぶこともポイントです。
高齢者が住みやすい家は介護の費用や肉体的な負担を減らしますので、しっかりとポイントをおさえて家を選びましょう。
高齢者が住みやすい家は、バリアフリー、温度差がない家です。
最初からバリアフリーで設計された家を選ぶ必要はありませんが、将来を見据えて改修費用や間取りの変更がしやすいような家を選ぶ必要があります。
将来を見据えた家選び

高齢者が住みやすい家とは

建売住宅を購入する際の防犯対策のチェックポイントですが、まずは塀が高すぎないかどうかを確認します。次に、窓のカギを見ます。通常のクレセント錠では少々心もとないので、強固なロック機能が付いたカギが望ましいです。必要に応じて補助錠を導入すればさらに安心です。泥棒は最初の5分で侵入できなければ犯行を諦めると言われていますので、できるだけ侵入に時間がかかるような工夫が必要です。

家を建てる場合もこの2つのチェックポイントを抑えておくと良いでしょう。

近年では防犯対策を目的とした建材も様々な物が販売されていますので、家を建てる場合はハウスメーカーや建設会社の担当者と相談しましょう。

泥棒に入られてからでは遅いので、安全な暮らしを手に入れるためにも防犯対策には力を入れてください。


高齢者が住みやすい家とは

page top