Yokohama Homes Collectopn

column

防犯対策は安心して住める家づくりの基本

防犯対策は家づくりの基本

安心して暮らせる家を手に入れるためには、防犯対策を施した家づくりが必要となります。家を建てる場合もそうですが、建売住宅を購入する場合でも同じです。

防犯対策の目的は、泥棒に狙われにくくすることです。戸建て住宅では、高い塀などがあると、外から犯行が気付かれにくいため泥棒に狙われやすく、注意しなければなりません。また、泥棒は家の中が暗いと誰もいないと思って侵入を試みます。自宅に帰る時間が遅い人は、タイマーで点灯するような照明を設置するなど、留守だと気付かれないような工夫が必要です。
防犯対策は家づくりの基本

泥棒から家を守るチェックポイント

建売住宅を購入する際の防犯対策のチェックポイントですが、まずは塀が高すぎないかどうかを確認します。次に、窓のカギを見ます。通常のクレセント錠では少々心もとないので、強固なロック機能が付いたカギが望ましいです。必要に応じて補助錠を導入すればさらに安心です。泥棒は最初の5分で侵入できなければ犯行を諦めると言われていますので、できるだけ侵入に時間がかかるような工夫が必要です。

家を建てる場合もこの2つのチェックポイントを抑えておくと良いでしょう。

近年では防犯対策を目的とした建材も様々な物が販売されていますので、家を建てる場合はハウスメーカーや建設会社の担当者と相談しましょう。

泥棒に入られてからでは遅いので、安全な暮らしを手に入れるためにも防犯対策には力を入れてください。


泥棒から家を守るチェックポイント

page top