Yokohama Homes Collectopn

column

家族の形に寄り添うフレキシブルな家づくりのポイント

耐震構造の家づくりについて

フレキシブルな家は住みやすい

日本は地震が非常に多い国で、ここ数年の間にも大きな地震が起きたことは記憶に新しいところです。 家づくりをするにあたっては、外観や内装、間取りなどについて徹底的にこだわりたい人はたくさんいますが、自分や家族の身の安全を第一に考えるなら、耐震構造に注目しないといけません。 最近は、耐震構造こそが家づくりのポイントだと考える住宅メーカーや工務店も増えてきました。 まず重要視したいのが、地盤や基礎についてです。 家づくりを行う際にはまず必要なのが地盤調査ですが、これによって家を建てるベースとなる地質がどういった状態なのか、どのような基礎工事が最適かを知ることができます。 地盤や基礎が大事であることは昔から常識中の常識ですが、特にここ最近は、より注意深く確認することが必要でしょう。 また家の構造も耐震性と深い関連があります。 いくら地盤や基礎がしっかりしていても、肝心の建物自体が構造的に優れていなくては意味がありません。 地震から大切な命を守るために耐震構造はとても重要なテーマです。 これから家を建てようとする人は、なおさら神経を遣うべき部分であると言って良いでしょう。

安心な暮らしのために意識したい耐震構造

安心な暮らしのために意識したい耐震構造

子育てと家の設計

耐震構造以外の工法としては、免震構造や制振構造などがありますが、これらは特別な装置によって振動を軽減ないし相殺するという原理です。 耐震構造は、耐力壁等を用いて地震の揺れの力に対抗できる強度を持った構造で、現在のところ最も一般的に用いられています。 とにかく強い家を作ろうと思ったときは、まず選択肢として挙がることが多いのではないでしょうか。 今は住宅性能表示制度というものが設けられており、耐震等級についてもランク分けされています。 等級3が最高レベルですが、等級1であったとしても、何百年に一度起こるかどうかというレベルの地震でも、ある程度は耐えることができると言われています。 家づくりの際に「等級2の耐震性が欲しいので、それに準じた耐震構造にしてほしい」と伝えるのも良いでしょう。 重要なポイントは、業者に任せきりにするのではなく、自分自身も希望を伝えるなどで、積極的に関わっていく姿勢を示すことです。

page top